鹿島屋の歴史

鹿島屋の歴史

株式会社鹿島屋は「かじまや」と読みます。

江戸時代に日本橋、永代橋の際、新川(現在の中央区新川)に鹿嶋本店(ほんだな)という酒問屋がありました。

この家は何代にも亘って続き、町人ながら名字帯刀を許され、江戸十人衆の一人に数えられました。越後屋(現在の三越)、大丸、白木屋(現在の東急)もその仲間だったそうです。

株式会社鹿島屋は、この「新川」の鹿嶋屋本店の名にあやかり、古くから川口の鹿島屋と称し、江戸時代には「質・両替商」を営んでおりました。

明治以来、製茶や荒物雑貨の店に転換し、現在でも川口市で営業を続けています。

昭和3年(1928年)、七代目増田良助が、新たに石油の販売に着目し、事業として発足させたのが、現在の鹿島屋なのです。


鹿島屋従業員写真

すべてはお客様の笑顔のために



PAGE TOP